肌年齢を若く保つ驚きの入浴方法とは?

多くの人は毎日の入浴時に髪の毛と身体を念入りに洗って湯船に浸かると思いますが、それは実は間違いだらけの入浴方法です。まずは、身体を洗うときはスポンジやタオルを使わずに洗顔ネットで泡立てたボディソープを脇や股などの関節部分で肌と肌が密着する箇所にだけ付けて洗い流すだけで良いのです。しっかり洗わないと体臭が心配との意見がありますが、多くは肌と肌が密着して発汗するので他の箇所をタオルやスポンジでゴシゴシ擦って洗う行為は肌を傷つけてしまうだけです。

次に、洗髪時は肩よりも長い髪の毛の人以外はワンプッシュで出るシャンプーの量が適切です。多くの人は泡立ちが足りないため何回もプッシュする傾向にありますが、事前にしっかりとお湯で髪の毛を濡らしておけば問題ありません。シャンプーは経皮毒と言って人体に有害な化学物質が皮膚に浸透してしまう危険性があるので、用量は少ないに越したことはありません。

最期に、湯船に入る前に注意しておきたいことがあります。通常、水道水は衛生面を考慮してカルキが含まれています。このカルキは摂取したり肌に付着するとアレルギー反応を引き起こすことがありますので、可能な限り取り除くようにしたいところです。そこで使用するのはレモンの汁やハイポ等、カルキを抜く作用のある液体です。よく水生生物を飼育するときはカルキを抜くために一晩バケツに水道水を溜めて放置すれば良いと誤解されている方が多いのですが、水を循環させない限りカルキは抜けませんので効果のある液体を使用します。
http://www.louscheimerproductions.org/

カテゴリー: 美肌 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)